当校の理念

わが国では、国民の高齢化が世界に類を見ないスピードで進んでおり、全人口中の65歳以上が占める割合を表す高齢化率は2005年が約20%、2055年には40%まで上昇するとも言われております。
また、医療技術の進歩による介護の長期化、介護する側の高齢化により在宅介護が困難になり影響のでる要介護認定者数の増加も続いており、2000年の約256万人から2008年には467万人、2015年には約570万人、2025年には約700万人にまで達するという推計もあります。

介護、福祉業界の市場規模は2010年には6兆4000億円を超えており、今後ますます拡大していくと思われます。診療報酬改定による平均在院日数減少、社会的入院(行き場の無い入院)の是正は、症状が重い高齢者を自宅で介護する事が民間の介護事業所の役割として、ホームヘルパーの存在がますますクローズアップされてきています。

当社は、ますます行き場がなくなる高齢者の在宅生活を支える介護として、国民それぞれの自宅の病院化が始まり、介護と医療の垣根がなくなる介護業界の将来に向けて、「住み慣れたご自宅でお亡くなりになるまで寄り添う介護」の実現に向けて、その初めの一歩として介護職員の養成校を開校する事となりました。
当社はナイスグループの分譲マンション管理事業の一部門として、2009年2月に鶴見において訪問介護事業(ホームヘルパー派遣)と居宅介護支援事業(ケアプラン作成等)を開設しました。
その理念は住み慣れた街で地域に密着した社会貢献とともに、気軽に安心して利用できる相談窓口としてご利用者様とご家族に時間のゆとりをご提供する事です。
そして新たに2015年1月に地域貢献のひとつとして地域に根差した温もりのある心に寄り添う介護人材を育成するために「ナイスコミュニティー福祉カレッジ」を開校して介護職員初任者研修を開講する事となりました。

・大切な人を喜ばせて、その姿を見てただ「うれしい!」と実感する人材を・・・
・人のために生きようとすると、自然と自分を生かすことが出来る仕事を・・・


そんな仲間と一緒に仕事をする介護の資格を取得するお手伝いを心を込めて応援させていただきます。
介護職員初任者研修

社是